スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
かりう道
狩人の歴史

エウリュトス帝国

過去に「エウ人でなければ人にあらず」という格言ができるほど繁栄した老舗の帝国。
当時の貧乏狩人達を苦しめた。
エウ人の帝政に反対する勢力が起こした「サルンガの乱」(補足1)でも動じないほど堅牢な国 。
現在でも尚存続しているが、現在はオティヌス共和国(狩暦621年建国)の攻勢により実勢力は衰えている。
ただし、エウ帝国は狩人以外のジョブに知名度という点で根付いており国自体がブランド化している。


オティヌス共和国

狩暦621年に建国された「狩人の狩人によるPTのための政治」をスローガンに世の狩人の支持を
受け始めてるいる新興国家。現在は最大の軍事力がある。
アシッド方式(補足2)による軍事力の向上が、わずか数年でここまで国が大きくなった理由とされている。
エウリュトス帝国に対して何度か遠征はしたが、決定的な勝利は収めてはいない。
原因はやはり新興国家ゆえの知名度のなさから、一般人の支持を得ていないためと考えられる。


ウォー王国

エウリュトス帝国の属国。
歴史はエウリュトス帝国より古いが、帝国で市民権を得られなかった狩人が移住する。


筆頭重藤連邦国

狩暦630年にエウリュトス帝国から独立。
オティヌス共和国(狩暦621年建国)の台頭がなければ、帝国を脅かしたかもしれない 新興国家。
異文化の東洋気質があるためか、いまいち狩人達の間では話題にならない国


シルバー大公国

資産家で知られるブレット一族の末裔達で建国された大公国
現在でもその資本力は衰えておらず、一般市民から羨望の眼差しで見られる国。


カル・バリン

大艦巨砲主義の軍事国家。理想と現実がかけ離れた国。話題にもならない。


補足1:サルンガの乱(狩暦464年)
エウリュトス帝政に反発した勢力「サルンガ」がおこした乱
しかし当時のエウリュトス帝政は堅牢だったことと、サルンガに機動力のある兵がいなかったため約1ヶ月で反乱は失敗に終わった。
ただし現在でも帝国内でレジスタンス活動をしている。


補足2:アシッド方式
戦術家アシッド(狩暦580~635没)が考案した敵戦力ダウンに伴うPT戦力底上げの戦術。
それまではクライ方式かメヌ方式が主流であった。

たまにはコピペで済ませる。
私はオティヌス共和国です。うん。
スポンサーサイト
【2006/12/07】  この記事のURL | FFXI | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<時のシャワーの中で | メイン | 冬だぜ>>
トラックバック
トラックバックURL
→http://basilisk.blog10.fc2.com/tb.php/234-c055a50f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

あれ?これって暗黒の両手剣のヤツの改変じゃん。
ちょっと懐かしかったw
ただ、セレーネボウがないのが【残念です。】
【2006/12/08 08:20】| URL | 葉桜 #LUT0q2aI[ 編集] |  ▲ top


オティ…かなりなんていうか思い出たくさん。
一人で抽選モンス倒せるなら欲しい人の手伝いしたいです。
臼ソロ弱いです。あっソロ全般ね('д')知ってる?あ、そう。
【2006/12/13 13:29】| URL | すの #-[ 編集] |  ▲ top


臼はソロ弱いほうじゃないぜ(゜д゜)
オティお手伝いよろしゅ(^_^)v
【2006/12/14 23:54】| URL | 白髭 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。